バカ売れスリットポット、その効果



園芸ファンの間で話題のスリットポットってご存知でしょうか?

プラスチック製の、横に等間隔で隙間が空いた植木鉢です。

スリット鉢、スリットポット、どっちの呼び方もされてます。

これ秘かに?バカ売れしてるんです!

バカ売れスリットポット、その効果


私、すでに10鉢ほど持ってます。

サイドに何箇所も空気を通すための細長い隙間が作ってあって、それが根っこの呼吸を助けている。そのため、植物がめっちゃよく育ちます。

これです↓↓

スリット鉢

この鉢で育てると、根っこの張り方が変わるのです。どんなふうに変わるかというと・・

通常の鉢だと植物の根は水を求めてぐるぐる回りながら根を伸ばします。よくみますよね、鉢から出した植物の根がポットの形通りにグルグルになってるやつ。これを根のサークリング現象というそうです。

こんな感じ↓

ぐるぐる回る根


スリット鉢を使うと、根がまっすぐ下に伸びて、たくさん発根してくれるのです。

こんな感じ↓

真っ直ぐ下に伸びる根

植物が使用できる用土が、通常の鉢での30%から、スリット鉢の場合は90%に上昇(メーカー談)という驚異的な数値。

通常鉢の周りに根が回って、中心部に根がいかないのでその分土が無駄に。それが、根が真っ直ぐ伸びることで、鉢の中の土を真ん中部分まで効率よく使用できるようになる。

だから植物の勢いが変わってくる。

なるほど!

使用上の注意点

水をあげると、横の隙間からタラタラと漏れてきますが、それは水はけの良い状態でいられているということです。通常だと下の方にたまりがちになりますから。ただ、気をつけて欲しいのが、水はけが良すぎて土が漏れてきちゃう場合があるってこと。

側面の土もれ注意

最初に用土をセットするときに十分気をつけてセッテイングに少し気を使ってあげましょう。。

最初に少し漏れただけで、その後土漏れほぼないです。

底面にびっちり軽石しちゃうとスリット鉢の意味なくなっちゃうので注意。きっちり使ってメリットを最大限に活かしましょう。

底面

見た目のおしゃれ度はテラコッタや木製のデコレーション鉢に負けますが、機能性は抜群!

プラスチックのプランターがここまで頑張れるのか!って感じです。

うちのベランダの鉢は9割をこのスリット鉢に変えました。

小さいのから、大きいのまで、色んなサイズを揃えました。

細長い、長方形タイプのものが出ていないので、その形のものだけ残して、他はほぼみんなスリットポットにしました。

生育が全然違います!根が張らない原因で枯れることがないです。

ベランダガーデニング好きな方は、この優秀な鉢↓

スリットポット

是非一度試してみてください。

六角形以外の形や早く大きな深型のいわゆる野菜プランターが出てくれ流のが待ち遠しいです。

giogio

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする