スタディサプリと河合塾マナビス、どちらを選ぶか

映像授業大手、リクルートのスタディサプリと河合塾マナビス。

うちは、両方の講座を受講しています。高三男子、国公立第一志望で、MARCH受験予定。

今日は、両者を徹底比較してみます。

どうしよっかなーと迷っている方の参考になれば幸いです。

では参ります。

<スタディサプリ> ​

​ ​

メリットは

・費用がダントツ安い→沢山の科目を受講できる。980円のコースでも取り放題。
・通塾の必要がない→空いた時間に好きなだけ勉強できる。通塾費、通塾時間ゼロ。

・受講に制限がないので、好きな先生、講座を随時変更できて、自分にあったカスタマイズが容易。

デメリットは

・一人でやるので、モチベーションが保ちにくい

・しっかり受講したい場合はテキストを別に発注する必要がある・・・だいたい1冊1000円前後。

なくても平気なのもあるけど、ないと受講が難しいのもあるらしいです。到着に1、2週間かかる謎。

結構薄くて、余白が多い↓


節約したいなら、ダウンロードしてコピーも可。


総評:映像授業の中身的にはマナビスと比較しても遜色ないそうです。(息子談)教科によってはマナビスは河合塾の有名どころの先生がいるので内容的にかなわないものもあるらしいですが、基本問題ない、とのこと。そして受講講座もいつでも追加、変更できるので便利。登録すれば親宛にもメールで映像授業の受講状況なども毎日送られてきます。

こんな感じ↓

ちゃんと受けてるのか気になるなら、確認もできますし、到達度チェックの結果もみれます。また、担当のチューターをつけるコースもあるので、少し高くなりますが、アドバイスや細かな指導を求める方には最適。よく工夫されてます。無料で試せるのも有難かったです。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

河合塾マナビス


メリットは

・気にかけてくれる先生や、アドバイザーがいるので、孤独にならない。
・他の受験生の頑張りを見ることにより、モチベーションがあがる
・学習の到達度を塾が管理してくれる

・冷暖房完備の静かな環境が常に用意されていて、自習スペースが確保できる。

デメリットは

・費用が死ぬほど高い(それでも東進よりは安いらしい)

・必要な科目、受講科目についてアドバイザーが営業してくるのがうっとおしい

・親の出番が多く煩わしい(やたら保護者が塾に呼ばれる)

・通塾にかかる費用、時間が負担になる

・講座を変更したい場合の変更手続きが面倒くさい

総評:最初に通ったのがマナビス。高2で入会、運動部だったので、自由な時間に受講できるのが魅力でした。無料の夏休み講習明けでとんでもない高額プラン提示(6ヶ月で80万、一括でと言われました!)で、すぐ他を探しました。ただ、一度受講すると、施設費を5000円ほど払うと施設を自由に使えるので、これは受験生にとって大きなメリットでした。やはり自宅より外部での勉強環境があったほうが捗るようです。自宅もあるけど、図書館、カフェ、自習室といろんな場所を確保してやってますが、やはり勉強環境は塾が一番みたいです。親への報告や保護者会が多く、ほぼ強制出席なので結構疲れます。私は進路は自分で考えて決めてほしいし、お金以外で相談してくれなくていい、というスタンスだったので特にそう感じました。

以上、現在進行形の比較でした。

これからが受験の正念場!

双方のメリットを十分に生かして乗り切りたいと思います。

ちなみに・・・私はZ会やってました!シンプルな通信添削でしたが安くてよかったです。一番嬉しかったのは、志望校合格後にとどいた祝福のハガキ。これじゃないけど・・・

「VICTORY!勝者に栄光あれ」

ってメッセージが大きく書いてあるハガキでした。なんか嬉しくて卒業するまで机に飾ってました。

Z会、今も健在で嬉しいです

東大・京大・難関大学受験なら!オンライン指導と添削指導の【Z会Leadway】

添削だけでなく、オンライン指導もあるようで。

進化していくんですねぇ。。

giogio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする