子宮摘出後はどうなるのか?開腹手術の後のこと

今からざっと13年前に子宮摘出手術をしました。

正確にいうと、子宮の全摘出及び左卵巣の摘出。

長年患った子宮筋腫の抜本的治療のためでした。

 

今日見たTwitterの記事に触発されて、思い出しちょっと気になりまして。。

 

私は実際に開腹手術をしたので、ツイートをすごくリアルに感じました。

なので開腹手術をするとどんな感じなのか、

(1)手術後から退院まで

(2)通院中

(3)10年以上経過した現在

(4)結論

の順にリアルにご紹介します。

 

(1)手術後から退院まで

手術自体は非常に簡単なものということで、特に心配することもなく、ささっと手術も完了。ここまでは、予定通りでした。

このあとの入院中が以外としんどくて大変でした。

とにかく気持ち悪くて、ずっと吐きっぱなし。腰も痛いし・・。まぁだから入院してるんだよねーと思いつつ、思ったよりしんどいので心外ではありました。

そしてショックだったのが、ほぼ5日近くまともに食事ができなかったにもかかわらず、体重が減るどころか増えていたこと!

なんで??

内臓も取って、食事も取ってないのに、なんでヨォぉ!!

 

と嘆きつつも、6日目に無事退院。こんなもんなのねーと。

 

(2)通院中

退院後の通院で、「太りやすくなるから注意してね」「便通には気を遣って」と言われ、ホルモンバランス?便秘になりやすいの??など、複雑な思いを抱えておりました。

術後確かに太りました。というか太りやすくなった。

年齢のせいもあるしねー、と軽く思って気にはしませんでした。

 

ところが

 

本当の問題はデブの部分ではなかったのです!

時折襲う、ギュルギュルした痛み。

これがなかなか強烈で、道端でしゃがみ込むほど激しい。

なんか内臓が動いて引き攣るような感じとでも言いましょうか?

決まった時間、例えば空腹時とか睡眠時とかではないです。

唐突に痙攣のように動く。

その時、「あいたたタァぁぁぁぁ!」って。

 

通院時に先生に話してみると、開腹手術をするとそういうことがあると言われました。

空気に触れた臓器の問題と、摘出された臓器の隙間を他の臓器が動いていく。定位置が定まらず落ち着かないのだと。

そう言われると、気になってめっちゃググりまくりました。

 

そうすると、出るわ出るわ・・

お腹の中の新しい定位置をめぐってグニュグニュ動く臓器の話や、落ち着きたくて他の近くの臓器と癒着してくっついてしまうとかの話。。その際、痛みが発生したり、そのまま変な形で癒着が確定してしまうと、そこから病変が発生するとか。。

なるほど、だから便秘に注意とか言われたのかーと。

しばらくってどれくらいかもわからず、頻度は落ちるものの数年は痛みを伴う後遺症がありました。

(3)10年以上経過した現在

あれからはや10年以上が過ぎ。

グニュグニュ動く際のひきつれた痛みは無くなりました。便秘気味と太りやすさは流石に歳のせいも大きいのでスルー。

現在気になるのは、腸の癒着。

結局、それからも腸の調子はよくないのです。イレウス(腸閉塞)っぽい激痛に襲われることもあり、もしかして癒着か??と思うこともあります。

実際にレントゲンでも取って詳しく調べなければわからないのでなんとも言えませんが。もしそうだったら、また手術というのも嫌だし、様子見です。

<結論>

手術は色々面倒だったけれど、やらなきゃよかったと思ったことはありません。長年の生理痛から解放され本当に楽になりました。

毎月痛みに怯えなくていいし、旅行でもなんでも気兼ねなくいけますし。

ただし、癒着の痛みや後遺症について、ほぼ説明がなかったので驚くことも多かった。

手術自体の失敗のリスクについての説明はしっかりあったのですが、リスクの低い手術なので、むしろ術後に起こることについての方が知りたかったです。

これから手術をしようかと迷ってらっしゃる方、無駄に恐怖を煽るつもりは毛頭ありませんが、一応こんなことが起こるかもというのは知っておくと安心ではないかと思います。

 

 

 

giogio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする