新型コロナ終息

何年か後には、こういう記事タイトルもあちこちで目にすることになるのだろうか。

今年ではないのだろうなぁ〜。

皆さんはこのコロナ禍、どんな一年をお過ごしになったでしょうか。

もやもや、溜まってませんか?

今日は、この一年、溜まりに溜まった私のもやもやを吐き出してみます。

あくまでも主観ですので、色々ご理解ください。

もううんざりです。


このコロナ禍の全てに

もううんざり。

連日のニュース報道を見るたび腹が立つし、この騒ぎの本質は一体どういうことなのだろうと思う。

コロナを甘く見るな派

コロナを騒ぎすぎだ派

双方の主張、根拠を満遍なく見るようにしているつもりだけれど、7対3で下の支持派です。深堀して調べれば調べるほど、そっちへ傾倒していく。

どうしても主張の違う意見を聞くとイライラするのですが、片方だけの意見では間違いに気づかないだろうから、逆向きの意見に必ず目を向けるようにしてます。確かによーく調べるとおかしい点もあるし。

ただコロナ禍で一番嫌だと思うのは、分断と憎悪の増長。

ネット上はもちろん、家族、友人、などのリアルなコミュニティでもそれは起こる。コロナの話題を話すときには、常に相手のコロナ観に気をつけていないといけない。なかなかお天気がわりの挨拶とはいかない。

自分でも気をつけていないと、憎悪に吸い込まれそうになるし。

気がつくと家族に大声で自分の主張を繰り返していたりします。

 

「我こそは正義」という考えは恐ろしいものです。

 

テレビの報道は恣意的なので見ないように心がけていますが、ただ出演者の方も言えないで我慢していることも多そうで気の毒だなぁ、とも。マスコミって謎。

 

世界中で正解を求めて模索が続く中で、政府と国民の間に信頼関係の築けている国は、どれくらいあるのでしょう。

とりあえず日本は残念ながら違うとしか思えない。

未曾有の出来事だから、試行錯誤になってしまうのは仕方ないし、諸手ををあげて賛成されるような政策も難しい。

でも、あまりにも不透明で、信頼を損なうものが多いと感じるのは、どっち派にも共通しているように思うのです。ストレス増産されていく〜。。

エビデンス自体の不確かさ


様々な対策への主張が飛び交う中で、それぞれが掲げる根拠、エビデンス自体が違っているのがゆゆしいところ。

データの数値、論文、専門家の意見なども、こんだけ違っていいのかってくらい違う。なので、それぞれの信じる方向に近いエビデンスを提示して「ほら、これをみてごらん!」ってなる。テレビ報道はもちろん、ネット上でも同じ。

誰の、どのエビデンスを信じるかによって進む方向性が違ってしまう。

そもそもデータだから、見方によって様々な意味合いを拾うことができる。データを正しく読むって難しいです。PCRの実効性、感染者の推移、死亡者の内訳、そもそものウイルスの定義でさえそう。真逆の話を提示されると混乱します。どちらか捏造なのか?両方正解なのか?

前提としているデータ自体が本当に正しいかどうかさえ、一般民には確かめようもないし。

連日繰り返される煽り報道にも、それに反発する声にも疲れてしまった。

もうあまり外に出たいとも思わない今日この頃・・

それでも、家にこもっているだけで実害を被っていない人間には、一番のきつい思いをしている医療従事者の痛みはわからない。そこは申し訳なく思うところで、感謝を捧げるのみ。

本当にありがとうございます。

ただ本当に医師会の代表は医療関係者の声を代弁しているのかなぁと疑問に思う。

なんでかっていうと、テレビで「医療崩壊」とか叫んでいる人と、同じ職種?であるはずの現場医師の声が違うケースが多いから。最初は医者はみんな同じ意見なのかと思っていたけど、かなり違う主張に溢れている。

それだけ未知数のファクターの多い話なのか、それとも単なる利権絡みなのか。色んな意見なだけ?

知る由もないけれど。

全体主義の流れに注意


人類が何度となく立ち向かってきた感染症。今回も終息の日が来るのは間違いないと思う。

もしそれが訪れないなら、それはそれで自然の摂理。人類は排除された種というだけ。

ただ、この機に乗じて全体主義が蔓延り「お上のお達しに逆らう奴は許さん」が、まかり通る世の中に変貌してしまうのは恐ろしい。

ここまで感染が拡大した新型コロナはもう封じ込めはできずに、蔓延した普及版?一般病として今後も存在するのでしょう。

変異したウイルスは感染力は強まるものの、弱毒化して宿主を増やすというのが一般的だそうだけれど、スペイン風邪の第2派のように、強毒化するケースもあるという。ウイルスが存在する限り、心配のタネは尽きることがない。

そう思うと過度な心配は不要にも思う。

それよりも、今後も訪れるであろう人類共通の感染症危機を乗り切るため、利害を乗り越えて協力していけるように、無駄な憎悪や敵対意識の広がりを心配したい。

自粛推進派も自粛不要派も、見ているエビデンスの違いから行動が異なっているところも多いと思う。まずは正確な情報をみんなで共有できるシステムが欲しい。

その上で考えが全部一致しなくてもいいから。

とりあえず、同じ物を見て考えたい。

 

もうイライラもうんざりも嫌。

 

待ち遠しい、新型コロナの終息。

人のこころ次第で早くなるか、遅くなるか。

giogio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする